ハードウェア

【ハードウェア】BuffaloのUSB外付けディスク(HD-LCU3)を分解してディスクは交換できるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

バックアップで使用しているHD-LCU3が枯渇しそうになり、先日外付けのUSBハードディスクケースを導入しました。
HD-LCU3はバックアップディスクから引退したので、早速分解してみる事にしました。(なぜ分解?w)

市販のハードディスクケースとどう違うのか、ディスク交換はできるのかを調べてみたいと思います。

ケースの開け方

精密ドライバーのマイナスを準備します。
開け方は蓋の隙間を、「広げて、持ち上げる」
ドライバー2本あれば、1本を隙間に刺して広げる。
広げた所にもう1本のドライバーで持ち上げる。
というイメージです。
(ドライバー1本でもできるとは思いますが、かなり苦労します)

取り外したケースです。
爪が多い事がわかると思います。

ハードディスクは、DT01ACA300が装着されています。
ケースと基盤及びハードディスクは、コネクタ部がひかかっているだけですぐに外すことができます。
ハードディスクもテープ2か所と横のネジ四か所を外せば交換できます。

ディスクとケースのクリアランスはしっかりとられており、冷却効果はありそうです。
またディスクとケースの固定はネジでは無くゴム足が使用されており、きっちりケースと固定されるようになっています。
これは耐震性や耐衝撃性も考慮されているのでしょう。

ちなみに変換チップは、MLDU3Lが使用されていました。

まとめ

外付けハードディスクと、外付けハードディスクケースの違いで感じた事。
外付けハードディスクは、大きさを気にせず耐久性を重視。
一方の外付けハードディスクケースは、コンパクト性を重視しているイメージです。

コストに関しては当然ハードディスクケースが安い訳ですが、耐久性を安心を重視するなら外付けハードディスクの方が優れているのかも。
但し、バッファローのHD-LCU3とロジテックのLHR-EJU3Fだけを比較した結果です。
異なる商品であれば印象や結果が変わる事もあるでしょう。
何台も複数商品を購入するような商品では無いので、比較もなかなか難しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
今回参照して頂いた記事以外、メニューや検索機能を使用して頂けると目的の情報に辿り着ける事もあります。
多少でも記事に価値があると感じましたら、コメントまたは以下の支援のご協力を頂けましたらありがたいです!

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*