ハードウェア

【ハードウェア】10年以上経過した古いPCの電源が入らない場合に試す事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

古いPCの電源が入らなくなり、壊れたと判断して廃棄される場合が多いです。
この記事の内容は以前から書こうと思っていたのですが、他の記事の絡みやタイミングがあり遅くなってしまいました。

まず起動しないPCを廃棄される前に、試して頂きたい事があります。
古くて遅くて動作が鈍いPCでも、とりあえず電源さえ入ればチューニング次第で再生できる可能性もあります。
廃棄については、電源が入って起動してから判断をしましょう。

試す内容は2点

・ダストブロワーで埃を飛ばす
・マザーボードのボタン電池交換

全体的に埃を飛ばして除去していくのですが、特に以下の□の部分(ファンがある所)を重点的にブロワーで飛ばします。

PCにはかなり埃が溜まっていました。
埃が溜まり過ぎてファンを手で回しても回らない程で、数センチ大の埃がころんころんと出てきます!

埃を除去後、電源が入るか確認しましょう。
電源が入らない場合、次は上の写真の〇印のボタン電池を交換します。
今回はこれで、無事に起動しました!
起動すれば、HDD→SSD換装、メモリ増設で再生の道が開けます。

起動しない場合は、電源ユニットやマザーボードの故障が考えられます。
部品交換して再生を行うか、ここで廃棄してPCを買い替えるか判断しましょう。

まとめ

今回はデスクトップPCについて記事にしていますが、ノートPCについての分解と清掃はPCよって簡単だったり複雑だったり様々です。
以前記事にしたノートPCの分解の様子を、参考にリンクしておきます。

毎年までしなくても、定期的にPCのエアブローはしたいものです。
想像以上に埃は溜まっていると思いますよ~
ちなみにボタン電池のCR2032は、100円ショップで販売されているもので大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
今回参照して頂いた記事以外、メニューや検索機能を使用して頂けると目的の情報に辿り着ける事もあります。
多少でも記事に価値があると感じましたら、コメントまたは以下の支援のご協力を頂けましたらありがたいです!

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*