Wordpress

【WordPress】Stripeを使用する決済について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

WordPress上にStripeを使用した決済サイトを作成する場合、Woocommerce等のショッピングカートを使用してStripeゲートウェイで決済する方法とStripePaymentsを使用して決済する方法があります。

どのような違いがあるのか、少し見てみたいと思います。

比較

StripePaymentsとショッピングカードWoocommerceを使用した場合について、主な項目で比較をしました。

ショッピングカート

StripePayments:StripePaymentsで決済し、ショッピングカートの使用も可能
Woocommerce:Stripeゲートウェイを使用して決済可能

配送の無い商品(ダウンロード等)

StripePayments:ダウンロード商品には対応していないが、住所入力不要には設定で可能
Woocommerce:バーチャルやダウンロード等はWoocommerceで対応可能だが、決済時の住所は入力必須。
入力不要にするには、カスタマイズが必要。

投げ銭

StripePayments:scriptにより設置可能
Woocommerce:カートを使用する事が前提

サブスクリプション

StripePayments:組み込みにより設置可能
Woocommerce:プラグインの導入で可能

まとめ

始めてStripeとWordpressを使用する方は混乱する所だと思い、比較してみました。
主な用途により使い分け、場合によっては両方使用する事も検討しましょう。

ショッピングカートを使用する事が前提なら、StripePaymentsを使用するのではなくWoocommerce等の何らかのカートシステムを使用する事をおすすめします。
StripeからSquareなどの別決済システムへの変更が発生した場合、カートシステムを使用していれば移行しやすい事が理由です。

決済システムは今後も変化が起きる事を前提に、フレキシブルに対応できるように準備しておく事も大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
今回参照して頂いた記事以外、メニューや検索機能を使用して頂けると目的の情報に辿り着ける事もあります。
多少でも記事に価値があると感じましたら、コメントまたは以下の支援のご協力を頂けましたらありがたいです!

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*