レビュー

【レビュー】The・SandboxでUniswapを使用してETHをSANDへ交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

先日にMetaMaskのウォレット作成と送金も完了し、いよいよUniswapでイーサリアム(ETH)からサンド(SAND)へ交換を行います。
UniswapとMetaMaskのリンクを張って、そこからSANDへ交換するイメージです。

Uniswapで交換を行う前に、The・SandboxとMetaMaskと接続してアカウントを作成します。
その後Uniswapで、SANDへ交換する手順としています。

手順

THE・SANDBOXへアクセスし、サインインをクリックします。

右側のウォレット接続(MetaMask)をクリックします。

パスワードを入力します。

SANDBOXとMetaMask接続の署名リクエストが表示されるので、「署名」をクリック。
この画面が表示されない場合は、次の機能拡張をクリックしてください。

署名リクエストが表示されない場合は、機能拡張をクリックします。

無事に接続されれば、SANDの残高が表示されます。
この□の部分をクリックします。

真ん中のUniswapをクリック。

MetaMaskのトークンをUniswapにインポートします。
チェックボックスにチェックを入れ、Importボタンをクリックします。

「Connect to a wallet」をクリックします。

「MetaMask」をクリックします。

自身のMetaMaskのウォレットにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

「Connect」をクリックし、接続します。

残高があれば、Balanceの横に表示されます。
交換したい分を、ETH指定するかSANDで指定します。

〇印をクリックすると設定画面が表示され、手数料の割合変更が可能です。(設定画面は次の下の画像を参照)
全て確認後、「Swap」をクリックします。

設定画面です。
手数料は選択するか入力します。
0.5%であれば、反映されるまでに20程度かかります。
即時反映させたい場合は、手数料を上げましょう。

まとめ

SANDへの交換時はチャートを見て判断し、タイミングを見極めて交換しましょう。
今後のNFT関連についてはETHだけでもたくさん生まれ、更にxnemやmonaなど他のアルトコインでも対応してくるでしょう。
NFT関連は今後もたくさんのマーケットとトークンが出現しますが、将来的には絞られまとまってくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
今回参照して頂いた記事以外、メニューや検索機能を使用して頂けると目的の情報に辿り着ける事もあります。
多少でも記事に価値があると感じましたら、コメントまたは以下の支援のご協力を頂けましたらありがたいです!

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*