ハードウェア全般

【ハードウェア】サンケンSRU-152のUPSバッテリー交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

AS400にUPSのSRU-152を接続しているのですが、突然のアラーム音。
エラー調べるとバッテリー寿命。
今年に入ってUPSのバッテリー寿命による交換は4台目。
なぜか重なります。

UPSの仕様

対象のUPSは、サンケン社のSRU-152。
調べるとホットスワップに対応しているので、AS400本体の電源を落とさずにバッテリー交換が可能。
発注した交換用バッテリーは、UPS本体のファンも交換を推奨しているらしく付属していました。

手順

作業の効率上ファンを交換し、その後にバッテリーを交換する事とする。

ファンの交換

1:フロントパネル下側を外す。
青いボタンを押しながら手前に引くと簡単に外れる構造。
2:メンテナンスのディップスイッチを、OFFからONへ切り替える。
(バッテリー保守ランプが点灯する)
3:バッテリ・ファン保守用ネジを外す。
4:金属用パネルを外す。
(ブザー音がなり始める)

5:フロントパネル上側を外す。
パネル上部を下へ押しながら、下部を手前に引けば外れます。
6:ファンのコネクタを外す。
7:ファン固定用のネジを2箇所外す。
以上で、ファンの取り外しができる。

ファンを外すとホコリがびっしりと、紙上になって付着している。
90%以上覆われてファンの機能が果たせず、内部へ風を送る事ができません。
掃除機できれいに吸い取り、取り付けは外した場合と逆の手順。
(ファンは手前と奥で取付方向を間違えないようにしないと、風の向きが逆になるので注意)

ファン交換後はバッテリ交換も行うので、フロントパネル上側まで装着を行う。

バッテリの交換

かなり縦長のバッテリです。

1:バッテリコネクタを外す。

2:バッテリを手前に引き出して取り出す。
3:新しいバッテリを組み込み、コネクタを接続。
4:金属パネルをネジで止める。
5:メンテナンススイッチをOnからOffにする。
(ブザー音が鳴り止みます)
6:バッテリ保守スイッチを、5秒以上ペンで押す。
7:フロントパネル下側の取り付け。

まとめ

今年に入って4台目のバッテリ交換。
ホットスワップ対応のUPSは高価ですが、接続機器の停止も必要無く作業者の負担も軽減される。

UPSバッテリーはいつ災害や障害が来るのかわからないので、早め早めの交換が二次災害を防ぐ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(ニュース関連については随時)
記事に価値があると感じましたら、以下の支援やランキングのご協力を頂けましたら管理者としてモチベーションが上がります!


人気ブログランキング

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*