ハードウェア全般

【ハードウェア】UPSのバッテリー交換(APC RS 550)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

UPS本体からアラーム音がしており、確認するとバッテリー交換メッセージ。
すぐにバッテリーを注文して、交換作業を行います。

バッテリー交換手順

今回の機種は、APCのRS550です。
今確認するとバッテリー交換メッセージは消灯され、通常運転されています。
まぁでも、一度は交換メッセージが表示されたので、気にせず交換します。

このRS550はホットスワップには対応していないので、UPSのコンセントを抜いてからバッテリーカバーを開けます。
バッテリーカバーは、UPSを横に倒して引き上げるだけです。

少しバッテリーを引き出して、+-それぞれのケーブルを外します。

完全にバッテリーが外れた状態で、電源ボタンを何回か押します。
(本体内部に滞留しているものを放電させる為)
プラス端子についている絶縁カバーを、新しいバッテリーに移植します。
両面テープで張り付いているだけですので、簡単に外れます。

バッテリーを少しケースに収めてケーブル装着。
端子にきっちりと装着されている事を確認して、バッテリーをケースに収めてバッテリーカバーをはめて完了です。

まとめ

工具なしで簡単に交換可能です。
UPSバッテリーはいざという時の装置ですから、早めに交換する事がトラブル防止に繋がると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事の価値

ブログ記事に価値があると感じられましたら、ぜひサポートをお願いいたします!

コメントを残す

*