Windows系

【Windows10】ブルースクリーンで再起動が頻発する調査(KP41)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PC使用後そのまま放置していると、いつの間にかサインイン画面(サインアウトされてしまう)になると報告があり、しかも数時間に数回発生していると報告を受けました。
状況把握の為にイベントビューワーを参照すると、重大なエラーとして記録されていました。
ちなみにPCは、Dell製のOptiPlex3070です。

イベントビューワーの情報

イベントビューワーの重大なエラーをもう少し見ていきます。
エラー内容はKernel-PowerでイベントIDが41です。(KP41)
見事に数時間に数回毎日ログが残っており、その後にブルースクリーンが表示されて再起動されているようです。

更に詳しく見る為に、イベントビューワーで詳細タブを押して見てみます。

BugcheckCodeが24と表記されていました。
このコードの内容は、バグチェックコードリファレンスに記載されています。
但しここに表記されているコードは10進数で、バグチェックコードリファレンスのコードは16進数です。
24を16進数に変換すると18です。(10進から16進へ変換してくれるWebツールがあります)

原因と対策は?

バグチェックコードリファレンスの18を参照すると、「REFERENCE_BY_POINTER」です。
リファレンスによると原因は、ドライバ関係との事。

まずはOSのアップデート、ドライバの更新、BIOSの更新を行ってみましたが、ブルースクリーンになり再起動が発生してしまいました。(ムム・・・)

次にPCに接続されているデバイスを全て排除して様子見。(いけるかな?・・・)
10分もしない間に、再起動がさく裂!

更に設定から「アプリと機能」でインストール日付で並び替え、最近インストールされたアプリを見てみる。
Dell SupportAssistが先頭にあり、しかも違う日付でDell SupportAssistがもう一つあり重複している模様。(これは何か怪しい!!)
2種類のアプリを削除して様子見・・・

1時間経過してもブルースクリーンも再起動も発生せず!
解決した!かも?

まとめ

まさかのDell純正アプリが原因でした。
しかし削除したままではチェックや自動更新も行われない為、不便になる事があるかも・・・
今後はDell SupportAssistを改善してもらうしかないので、しばらくこのままで様子見です。
ちなみにDell SupportAssist Remediationは残したままにしています。

急なトラブル解決は、ログ参照と正常時との比較をするのが近道ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

記事は毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
多数の投稿記事は、メニューや検索機能で目的の記事に辿る事が可能です。
コメントや下記支援のご協力をお願い致します。

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*