VB

【Excel】VBAで別シートの値を、シート選択せずに取得する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

別シートの値をシート選択して取得すると、元のシートを選択して戻ってくる必要がある。
こういう場合、シート選択せずに値を取得した方が効率的でシート参照の誤り削減できる。

手順

取得方法は、シートを直接指定する事で値の参照は可能。
(以下[1,1]はセルの位置)

Set DataSheet = Sheets("特記事項")
DataSheet.Cells(1, 1).Value

わかりやすく分割すると・・・
1行目でシートの指定。
2行目でセルの位置を指定して値を取得。

まとめ

別シートを参照時、使用頻度は高いので備忘録として残しておきます。

ブログ記事について

記事は毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
多数の投稿記事は、メニューや検索機能で目的の記事に辿る事が可能です。
コメントや下記支援のご協力をお願い致します。

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*