サーバー全般

【サーバー全般】バッファロー製NAS(TeraStation)TS-XHLの容量拡張の為、ディスク交換を行う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

以前Buffalo製NASのディスク交換を行いました。
前回の機種は「TS-QVHL/R6シリーズ」、今回の機種は「TS-XHL/R6シリーズ」ですが、前回同様にディスク交換可能だと思い作業を行ってみました。

手順

作業手順は、前回と全く同様です。

全体的な流れとして、
1:既存のRAID構成削除
2:ディスクの取り外し設定
3:ディスク交換
4:フォーマット
5:RAID構築
6:バックアップからの復元

2~4はディスク1本ずつ行います。
ディスクは4本構成ですので、4回繰り返し作業となります。

1:RAIDアレイの削除

RAID削除でデータは二度と戻ってきません。
削除する前に、全ディスクのバックアップを行います。

設定されている既存のRAIDを削除します。
設定されているRAIDアレイをクリックします。

【RAIDアレイの削除】ボタンをクリックして削除します。

2:ディスクの取り外し

1本ずつ作業を行います。
対象のディスクを選択し【ディスクの取り外し】ボタンを押して、状態を【取り外し済】にする。

3:ディスク交換

ディスクをはずして新しいディスクを装着し、【ディスクの再認識】ボタンを押します。

フォーマット

正常にディスクが認識されると、モデル名が表示されます。
フォーマットするディスクを選択し、【ディスクフォーマット】を押します。

2TBで約4分30秒かかりました。
フォーマットが完了し、全容量は2TBで認識している事が確認できます。

4本全て作業を行い、全ての全容量が2TBになっている事を確認します。

RAID構築

全ディスクをチェック後、RAIDの種類を選択し【RAIDアレイの作成】をクリックします。

全容量は、2TBから4TBに拡張されています。

RAIDアレイ完了まで、1177分なので約19時間かかります。
これは前回の経験上、結構正確な時間だと思います。

バックアップからの復元

USBディスクのバックアップから復元コピーします。
約2TBの巨大ファイルが多い為、約2日かかりました。

まとめ

作業はそれほどむつかしく無いのですが、バックアップ、RAID構築、バックアップからの復元、この3つの作業にものすごく時間がかかります。
運用を止めれない場合は、何らかの工夫が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(ニュース関連については随時)
記事に価値があると感じましたら、以下の支援やランキングのご協力を頂けましたら管理者としてモチベーションが上がります!


人気ブログランキング

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*