MacOS

【MacOS】node.jsのアップデートを行う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

スマホアプリ開発ツールのAppceleratorのビルド時、エラーが発生。
エラーを調べると、node.jsのバージョンが古くてビルドできないというメッセージでした。
Appcelerator自体は久しぶりに起動して更に更新直後、整合性が合わなくなったのでしょう。

ちなみに現状のnodeバージョンはv8.9.1で、これをバージョンアップします。

手順

全体的な作業の流れは
・homebrewのインストール(アップデート)
・nodebrewのインストール(アップデート)
・node.jsのインストール(設定)

homnebrewのインストール

ターミナルで、以下コマンドを実行します。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

nodebrewのインストール

ターミナルで以下コマンドを実行します。

brew install nodebrew

node.jsのインストール

ホームディレクトリにディレクトリが存在しなければ、作成します。

cd $HOME
mkdir -p .nodebrew/src

以下コマンドで最新版をインストールします。

nodebrew install-binary latest

インストールされているnode.jsのバージョンを確認し、最新版を有効化します。(今回の最新バージョンは、v13.12.0)

nodebrew ls
nodebrew use v13.12.0

.bash_profileにnode.jsのパスを通す。
今回は、「$HOME/.nodebrew/node/v13.12.0/bin」を追加しました。
追加後、環境変数を再読み込みします。

source .bash_profile

node.jsが想定通りのバージョンになっているかを確認。

node -v

想定通りのバージョンになっていない場合、もう一度「nodebrew ls」コマンドでcurrentのバージョンを確認します。
それでも想定バージョンになっていない場合は、パスが誤っている可能性が高いので確認を行います。

export -p

まとめ

node.jsのアップデート後、appceleratorのビルドは正常に動作しました。
このような環境周りは、自動的にアプリがやってくれたら楽なんですけどねぇ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(ニュース関連については随時)
記事に価値があると感じましたら、以下の支援やランキングのご協力を頂けましたら管理者としてモチベーションが上がります!


人気ブログランキング

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*