Wordpress

【WordPress】Twitterへ自動投稿するプラグインでエラーが発生していたので対処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当ブログでも使用させて頂いているプラグイン「Social Networks Auto Poster(以下SNAP)」についてのエラー対処方法です。
SNAPはワードプレスの記事投稿と同時に、各種SNSへ同時投稿するプラグインです。
投稿されたものがツイッターへ投稿されない事象が発生し、SNAPプラグインのログを確認するときっちりとエラーが吐き出されています。

エラーログは以下のようなメッセージと共に、HTTP 403が残っています。
When authenticating requests to the Twitter API v2 endpoints, you must use keys and tokens from a Twitter developer App that is attached to a Project. You can create a project via the developer portal.

対処方法

ログのエラーメッセージからでは、Twitterのv2のリクエストに対応できていませんよ!という事なので、ツイッターのデベロッパーポータルでv2の設定を追加します。

既存Appにv2を追加するので、「Add an existing App」を選択します。

v1.1のAppが選択できるようになるので、追加したいAppを選択します。

App環境を3種類の中から選択します。(後で変更も可能です)

正常に完了すると、v1.1 ACCESSとv2 ACCESSの両方が表示されます。

まとめ

何週間前からか、ワードプレスの新規記事がツイッターへ投稿されていなかったようです。
ここ最近、投稿した直後のアクセス数が少ないなぁ・・・と思っていたんですよね(笑)

これでまた毎週月曜日午前投稿には、ツイッターへ投稿してくれると思いますのでチェックをよろしくお願い致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

記事は毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
多数の投稿記事は、メニューや検索機能で目的の記事に辿る事が可能です。
コメントや下記支援のご協力をお願い致します。

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*