ハードウェア

【ハードウェア】UPSのバッテリー交換(APC RS550,BR550S-JP)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

UPSからアラーム音が発生していると連絡が入りました。
UPS本体の液晶を確認するとバッテリー交換の表示。
早急に交換用バッテリーを発注し、交換作業に入ります。

交換方法

UPS本体の底面のバッテリーカバーを開けます。

バッテリーを少し引き出して、プラス側(白〇印)のケーブルとマイナス側(赤〇印)のケーブルを外します。

バッテリーに装着されているプラス側の絶縁カバーとバッテリー引き出し用ラベルを外し、新しいバッテリーに移植します。

プラスマイナスの端子を接続し、バッテリーを元に戻します。
引き出しラベルは新しいバッテリーに装着済だったので、移植する必要は無かったです(笑)

問題無く、動作しているようです。

まとめ

バッテリー交換アラームは、一度消音しても再度アラームが鳴る仕様になっているようです。
バッテリー交換完了までに、何回か消音して頂いていました・・・

今回の作業でUPSに接続されているモノ全てを停止しましたが、UPSはホットスワップできるものを選択した方が業務上では安心安全です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

記事は毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
多数の投稿記事は、メニューや検索機能で目的の記事に辿る事が可能です。
コメントや下記支援のご協力をお願い致します。

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*