Windows系

【Windows】Windows11の導入前チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

Windows11がダウンロード可能になりアップデート後の動作チェックを行う為、何台かをアップデートする事にしました。
Windows11においては事前に該当のPCが更新可能か否かのチェックができるので、早速何台かチェックを行ってみました。

事前チェック

まずは「PC 正常性チェック アプリ」をダウンロードします。
Windows11のページ最下部にある「互換性の確認」の欄から、アプリのダウンロードを行います。

ダウンロード後、実行してみます。
問題無くWindows11へアップグレード可能な場合は、以下のように表示されます。
Windows11をダウンロードして、アップデート作業を行います。

Windows11へのアップグレードが不可能な場合、次のようになります。
不可能な場合は主にTPMかCPUの問題だと思われます。

TPMについて

TPMが検出されないと表示されている場合は、BIOSで無効になっている可能性があります。
一度BIOSを確認して無効になっている場合は、有効にしましょう。

TPMが有効になっても1.2の場合は、アップデート不可です。
デバイスマネージャーで確認してみましょう。

2.0が認識している場合は、問題ありません。

CPU

Windows11のプロセッサの要件を見ると、Intelの場合は基本的にCoffee Lake(8世代)以降でないと対応されていないようです。

まとめ

5年以上前のPCについては、Windows11へのアップグレードはほぼ不可能です。
Windows11にアップグレードできなくても、Windows10のサポート終了の2025年までは継続して使用可能です。

事務用途のビジネス利用なら、今はまだWindows11にアップデートするメリットよりもデメリットの方が大きいと思われます。(既に動作不安定な箇所が何点か発見されました)
既存ソフトウェアやハードウェアの影響も懸念されるのでWindows11へは動作テストをしっかり行う必要があり、旧機種においても数年かけてリプレースすればいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
今回参照して頂いた記事以外、メニューや検索機能を使用して頂けると目的の情報に辿り着ける事もあります。
多少でも記事に価値があると感じましたら、コメントまたは以下の支援のご協力を頂けましたらありがたいです!

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*