MacOS

【MacOS】Big Sur(11.6)にアップデート後、Appcelerator Studioが起動しなくなった対処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

MacOSをBig Surにアップデート後、xcodeのアップデートも含めていろいろと動作確認をしていたのですが、Appcelerator Studioが起動できない事が判明しました。
起動時に「Failed to create the Java Virtual Machine」とダイアログが表示されます。
今回のこの件についての対処をしましたので、手順を残しておきます。

対処手順

主な手順は、
1:JDKのパス確認
2: AppceleratorStudio.iniを開く
3:JDKのパス設定を追記

1:JDKのパス確認

ターミナルでコマンドを実行します。

appc ti info -t jdk

Java Homeがパスになりますので、文字列をコピーしておきます。

AppceleratorStudio.iniを開く

viなどのエディタを使用して、 /Applications/AppceleratorStudio.app/Contents/Eclipse/AppceleratorStudio.ini を編集する為に開きます。

JDKのパス設定を追記

-vmargsの直前に、以下内容で行を追記します。

-vm 
<Java Home>/bin/java

以下のように編集しました。

まとめ

Big Surのアップデートにより、他のアプリも同様に影響が出て正常に動作しないものがあるようです。
Windows系よりもMacOSの方が、アップデートにより動作しなくなったり仕様が変わったりする可能性は高いので比較的遅めに更新したいのですが、開発環境などはすぐに更新しないといけない事も多く悩みどころです。

他にもBig Surのアップデートで影響が出た部分があれば、随時記録として残していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

記事は毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
多数の投稿記事は、メニューや検索機能で目的の記事に辿る事が可能です。
コメントや下記支援のご協力をお願い致します。

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*