レビュー

【レビュー】VWシャランの室内照明をLED化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日のタンクに引き続き、フォルクスワーゲンシャランの室内灯をLED化していきます。
この車両は7人乗り+スライドドアの為に小型車のタンクよりもランプがかなり多いですが、今回はマップランプと2列目及び3列目のルームランプ、ラゲッジランプの4か所を交換します。

LEDの種類

タンクの様に車両1台分のLEDランプを準備するのではなく、各LEDの種類に合わせてバラで購入して交換していく方法を選択。
但し、ラゲッジランプを調査していると41mmだったり42mmだったり情報がバラバラ。
なんでだろう?と思いながら、現状装着されているものを外してノギスで計測。
結果は42mmだったのですが、41mmと42mmは共通で使用できる事が後で判明しました・・・
という訳で、必要なLEDは以下の通り。

マップランプ : T10(ウェッジ) 2個
2列目3列目ルームランプ : T10(37mm) 4個
ラゲッジランプ : T10(41-42mm) 2個

マップランプの交換

現状のマップランプの状態です。

マップランプは通常のT10ウェッジ球が装着されているので、交換するLEDは以前タンク交換時に余っているLEDを使用。
まずはこのように真ん中に内張はがしを突っ込んだまま、もう一本の内張はがしをそれぞれ左右に入れて剥がしていきます。

カバーが剥がれるとトルクスT20を使用して、2か所のねじを外します。
ネジが外れると落下するので、マップランプを押さえながらはずすといいと思います。

コネクタを外さなくても交換可能です。
丸印を反時計回りに回すとソケットが外れるので、ウェッジ球とLEDを交換します。

交換後は、明るくなりました!

2列目3列目ルームランプ

ルームランプは爪で止まっているだけなので、内張はがしで端の方から外していきます。
最後にバリバリという音を立ててルームランプが外れたと思ったら、なんとレンズだけが外れてしまった!!

おかげで交換はすぐにできました(笑)
本来ルームランプは以下写真の丸印のツメで引っかかっているだけなので、このツメを押して下へ引けば外れます。
端から内張はがしで外すとこのツメは引っかかったままなので、レンズだけが外れる事になった訳です・・・

交換完了・・・写真ではかなり黄色く見えますね!

しかし横からだとかなり白く見えます。
実際はそれなりに温かみがある色です。

こちらは3列目の純正状態(交換前)です。
かなり黄色いですね。

2列目のLEDルームランプを点灯したまま撮影した影響か、結構明るく見えます。
しかし実際は暗いです・・・

3列目交換後・・・
2列目同様に結構白く見えますが、実際はもう少し純正に近い色です。
上の純正の場合の写真と比較できます。

2列目3列目の同時点灯は、かなり明るいです!

ラゲッジランプ

上部の切り込みに内張はがしを入れて外します。

このように外れるので・・・

コネクタを外す事無くLEDへ交換。

左が純正、右がLED交換後。
写真で見るとあまり変わりませんね(笑)

まとめ

毎回思うのですが、写真で明るさや色を表現するのはむつかしいですね。
確実に明るくなるので、興味ある方はぜひチャレンジしてください。

T10×41mm キャンセラー内蔵 LEDバルブ ルームランプ 33連 白 無極性 ホワイト フットランプ 3014チップ 2個セット 12V用LEDバルブ 42mm EX121
by カエレバ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

記事は毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
多数の投稿記事は、メニューや検索機能で目的の記事に辿る事が可能です。
コメントや下記支援のご協力をお願い致します。

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*