Linux

【Linux】CentOS StreamにMySQL8をインストール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

とある管理ツール導入の為、Linuxサーバーを立ち上げる事になりました。
OSはCentOS Streamで、標準ではMariaDBが設定されています。
使用したい管理ツールはMySQL8が推奨されており、MariaDBでは動作しません。
そのような理由から、CentOS StreamにMySQL8を導入する事になりました。

手順

1:SELinuxの無効化
SELinuxが有効になっている場合は、/etc/selinux/configを変更して無効にする。

SELINUX=enforcing → SELINUX=disabled

変更後、再起動を行う。

2:MariaDBの削除
MariaDBがインストールされている場合、削除を行う。

yum remove -y mariadb-libs
rm -rf /var/lib/mysql

3:MySQLサーバー用のリポジトリをダウンロード

yum localinstall -y https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-1.noarch.rpm

4:MySQLサーバーのインストール(起動及び自動起動)

yum install -y mysql-server
systemctl start mysqld
systemctl enable mysqld

5:MySQL管理者アカウントの初期パスワード確認

grep "temporary password" /var/log/mysql.log

root@localhost:と表示された後の部分がパスワードになります。

6:管理者アカウントのパスワード変更

mysql_secure_installation

MySQL8の標準パスワードポリシーは、以下の通りです。
パスワード設定を行う場合は、注意してください。
・8文字以上
・大文字と小文字を必ず1文字
・数字を必ず1文字
・記号を必ず1文字

変更が行われたかを確認する。

mysql -u root --host 127.0.0.1 -p

7:データベースの設定変更
各MySQLの設定変更が必要な場合は変更を行い、リスタートを行う。

vi /etc/my.cnf
systemctl restart mysqld

まとめ

ツール利用の為に迫られたMySQL8ですが、今後ますますMariaDBとの互換性が無くなっていくのでしょう。
アプリ側でMySQLからMariaDBへの動作保障を行ってもらえれば、サーバー環境設定の作業や動作確認が発生しなくなるので助かるのですが・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
今回参照して頂いた記事以外、メニューや検索機能を使用して頂けると目的の情報に辿り着ける事もあります。
多少でも記事に価値があると感じましたら、コメントまたは以下の支援のご協力を頂けましたらありがたいです!

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*