ECサイト

[ECCUBE3.0.11]インストール時にurlからhtmlをなくす作業(Linux)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インストールファイル準備

インストールファイルをダウンロードし解凍する。
解凍したフォルダを任意の場所へ移動し、フォルダ名の変更を行う。

ファイルの移動

以下6ファイルをhtmlフォルダから、rootディレクトリへ移動する。
index.php,index_dev.php,install.php,robots.txt,.htaccess,web.config

mv html/index.php .
mv html/index_dev.php .
mv html/install.php .
mv html/robots.txt .
mv html/.htaccess .
mv html/web.config .
(eccubeのrootディレクトリへ移動している事)

ファイルの入れ替え

.htaccess、web.configをsampleのものへ入れ替えを行う。

rm -rf .htaccess
rm -rf .web.config
mv .htaccess.sample .htaccess
mv web.config.sample web.config
(eccubeのrootディレクトリへ移動している事)

コメント行の付け替え

対象ファイル:index.php,index_dev.php,install.php

/../autoload.phpの記述のある行についてコメント行にする
/autoload.phpの記述のある行についてコメント行をはずす

対象ファイル:autoload.php
“RELATIVE_PUBLIC_DIR_PATH”, ”の記述のある行についてコメント行にする
“RELATIVE_PUBLIC_DIR_PATH”, ‘/html’の記述のある行についてコメント行をはずす

あとは、htmlを除いたurlでinstall.phpを起動すればインストール開始です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(ニュース関連については随時)
記事に価値があると感じましたら、以下の支援やランキングのご協力を頂けましたら管理者としてモチベーションが上がります!


人気ブログランキング

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*