仮想

[仮想]ESXiホスト(VMware vSphere Hypervisor)のパッチ適用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ESXi6.5(VMware vSphere Hypervisor)へchromeからログインできない

ESXi6.5(VMware vSphere Hypervisor)を導入してchromeからログインしようとすると「ハンドルされない例外」となり、ログイン画面のループ処理となってしまいます。
(F5を押すと処理は続行可能なんですけど・・・)
Build番号を調べると6.5の初期のものだったのでパッチの適用を試みました。
ダウンロードを検索すると、なんと6つもパッチがありました。
ダウンロード後、早速適用してみる事にしました。

パッチファイルのアップロード

ホストへパッチファイルをアップロードします。
1:ESXiの管理画面より[ストレージ]-[データストア]-[データストアブラウザ]を選択
2:アップロードしたい場所を選択し、適当にディレクトリを作成
3:メニューのアップロードをクリックし、アップロードするファイルを選択

パッチの適用

アップロードしたパッチを適用します。
1:全仮想マシンの停止
2:ESXiの管理画面より[ホスト]-[アクション]-[メンテナンスモードへの切替]を選択
3:ホストへSSHでログインし、コマンド実行

esxcli software vib update -d “アップロードしたパッチファイル”

ホストの再起動

再起動後、適用したビルド番号が反映されているかを確認します。

メンテナンスモードの終了

ESXiの管理画面より[ホスト]-[アクション]-[メンテナンスモードの終了]を選択

まとめ

定期的にパッチはチェックをしないとダメですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*