仮想

[仮想]ESXi(VMware vSphere Hypervisor)のコンソールからNFSマウントする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

バックアップ先にNFSマウント

NFSマウントをして、そこへスナップショットのバックアップを入れてみたいと思います。

NFSマウント

ESXiへSSH接続しコマンドで実行します。
esxcfg-nas –add –host [接続先ホスト] –share [接続先ディレクトリ名] [マウントポイント]

NFSアンマウント

esxcfg-nas –delete [マウントポイント]

まとめ

NFSマウントは、vSphereClientからでも接続可能です。
今回は自動バックアップも考慮し、コマンドから実行してみました。

当たり前なのですが、NFSマウント先へのコピーは内蔵ディスクに比べてかなり時間がかかります。
なるべくスナップショットの作成と削除の間隔は短くした方がいいような気がするので、
直接vmkfstoolsでNFSマウントへのクローン作成はやめた方がいいでしょう。
(ディスクの容量にもよりますが・・・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(ニュース関連については随時)
記事に価値があると感じましたら、応援をお願いいたします!

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*