仮想

[仮想]CentOS7にOPENSTACKを導入したら、timeoutエラーが発生した場合の解決方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

CentOS7にOPENSTACKを導入したらtimeoutが発生

CentOS7にサクッとOPENSTACKを導入したが、標準のVGサイズの関係で再導入の手順8で、
以下のようなtimeoutエラーが発生する場合がありました。

Error: /Stage[main]/Nova::Db::Sync/Exec[nova-db-sync]: Failed to call refresh: Command exceeded timeout

packstack導入時のtimeoutパラメータを増やしてpackstackを再実行するも、別のエラーが発生してしまいます。
とりあえず再導入の目的である、VGが指定サイズ通り作成できているか確認します。
sudo vgs

cinder-volumesが作成されているのを前提に、以下の作業を進めていきます。

アプリケーションの削除

packstack,ocata,mariadbを削除します。

sudo yum remove openstack-packstack
sudo yum remove centos-release-openstack-ocata
sudo yum remove mariadb

念のために再起動

削除したアプリケーションを再導入

sudo yum install -y centos-release-openstack-ocata
sudo yum install -y openstack-packstack

packstackについては、cinder-volumesが上記手順で作成されている事が確認できているので、
今回は作成しないようにパラメータを指定します。
sudo packstack –allinone –cinder-volumes-create=n –timeout=3600

以上で解決できましたが、如何でしょうか・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(ニュース関連については随時)
記事に価値があると感じましたら、応援をお願いいたします!

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*