Wordpress

【WordPress】WooCommerceの決済でSquareを使用するつもりだったがStripeにした理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

Woocommerceを使用し、とあるECサイトのリニューアルする事になった。
決済システムは手数料やプラグイン連携を考慮し、現時点では過去にも導入していたSquareStripeの2択に絞っていた。

最大の違い

個人的に感じているSquareとStripeの違いは、決済サイトへ商品データを登録するかどうかという部分。
Squareは、Squareのシステムに販売する商品ごとに事前登録(同期)が必要。
但しWoocommerceに商品情報からSquareへの同期機能が搭載されているので、それほど手間はかからないだろう。

落とし穴が・・・

WooCommerceからの同期機能、「バリエーション属性を持つ商品は同期ができない」と記述がある。
バリエーション属性を持つ商品というのは、衣類等でよくある色やサイズが複数あり価格も異なる商品。
もしこのような商品を取り扱う場合や今後取り扱う可能性がある場合、この時点でSquareの選択肢は無くなる。

Squareをメインにサイズや色、価格等の商品データを個別管理するなら問題ないが、WooCommerce上で見れば商品がバラバラになって商品点数が増えてしまう。

まとめ

今回、既にWooCommerce上に複数のバリエーション属性を持つ商品が登録されていた事でStripeを採用することにした。
決済サイトは導入費用や手数料で決めるだけでなく、やこのような運用方法によっても考慮して選択するのも重要。

最後に・・・
WooCommerceの属性の持つ商品を使用せず、個別でそれぞれ管理するならSquareでも何ら問題無いという事を付け加えておく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(ニュース関連については随時)
記事に価値があると感じましたら、以下の支援やランキングのご協力を頂けましたら管理者としてモチベーションが上がります!


人気ブログランキング

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*