VR/AR/MR

【VR/AR/MR】UnityでAR。マーカー認識でボタン表示させタップでホームページへ遷移(Vuforia使用)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

マーカー認識でボタン表示させ、タップでホームページへ遷移する処理を作成します。
ボタンのパネルは、見やすくする為に色をつけて透過処理しています。

流れ

1:UI領域作成
2:背景設定
3:ボタン作成
4:スクリプト作成

作業内容

1: UI領域作成

UI表示する領域の作成を行います。
ImageTarget配下にCanvasを作成します。
ImageTargetを右クリック後、[UI]-[Canvas]
Inspectorの[Render Mode]を[World Space]に変更します。

2:背景設定

Canvasの領域に背景をつける為、Panelの作成を行います。
Canvasを右クリック後、[UI]-[Panel]
Colorで背景の色を好みのものにします。
大きさは、Canvasの[Width]と[Hight]で調整します。

3:ボタン作成

ボタンの作成を行います。
Canvasを右クリック後、[UI]-[Button]
ボタンの大きさや色を調整します。
ボタン上のテキストは、Button配下のUI[Text]内で行います。

4:スクリプト作成

ボタンをクリックした時の処理のスクリプトを作成します。
[Create]-[C# Script]
スクリプト名称を[ClickScript]に変更します。
作成したスクリプトをダブルクリックして開き、以下のコードを挿入します。
(OpenURLの中に、遷移したいURLを記述します)

    public void ButtonClick()
    {
        Application.OpenURL("https://www.*****.com/");
    }

上記スクリプトをボタンのクリックイベントに連携させます。
作成したスクリプトを、連携させたいボタンのヒエラルキーにドラッグします。
ButtonのInspectorの[On Click()]で+(プラス)を押します。
Objectをクリックし、Sceneから該当のボタンを選択。
その右の[No Function]をクリックして、作成したスクリプトの中のButtonClickを選択します。

まとめ

今回の要領で、ボタンを複数作成して処理を分ける事やCanvasを複数作る事も可能です。
マーカーでいろんなUIを表示し、機能を追加していくとおもしろい事ができそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*