PHP

【PHP】CentOS7でlarabelのアプリケーション初期設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

larabelインストール及びデーターベース設定も完了したので、いよいよアプリケーション作成について進めていきたいと思います。
基本的な設定(アプリケーション構築の仕組み)についてメモを残しておきます。

手順

アプリケーション設定

config/app.phpの変更を行う

timezone=>Tokyo/Asia
local=>ja

modelの作成

モデル名を仮にOwnerとしています。

php artisan make:model Owner

ルーティングの追加

routes/web.phpを編集します。

Route::get('topmenu', 'OwnerController@topmenu');

コントローラーの作成

コントローラーをOwnerControllerとしています。

php artisan make:controller OwnerController

app/Http/Controllers/OwnerControler.phpが追加されるので、 OwnerControlerクラス内に以下の行を追加。
このコントローラーよりview「topmenu」を呼び出ししています。

 public function index()
  {
    return view('topmnu');
  }

ビューの作成

resources/viewの中に、コントローラーで指定した名前で作成します。
topmenu.blade.php

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>Topmenu</title>
</head>
<body>
  <p>Hello!!</p>
</body>
</html>

まとめ

今回の例の作成を分類すると、以下の4種類になります。
1:ルーティング:routes/web.php
2:モデル:app/Owner.php
3:コントローラー:app/Http/Controllers/OwnerController.php
4:ビュー:resources/views/topmenu.blade.php

以上を踏まえ、これからデータベースを利用したアプリケーションの作成を行っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*