ソフトウェア全般

【Windows7】クリーンインストール時に、大容量記憶装置ドライバーを要求されてしまう時の対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

Windows7をクリーンインストールした場合、大容量記憶装置ドライバーを要求される事がありました。

ドライバーは無いので、これ以上インストールを進める事ができません。
BIOSでディスクは認識されているので、ハードの問題では無さそうです。

解決方法

パーティションを初期化する事で回避可能です。
Windows7のクリーンインストール時の「今すぐインストール」を押さずに、HhiftキーとF10キーを押す。(画面の写真を撮り忘れました)
これでコマンドプロンプトが表示されるので、diskpartを使用してクリアします。
(以降も全て写真がありません。すみません・・・)

以下、コマンドプロンプト上での操作です。
1:diskpart(diskpartの起動)
2:list disk(コンピューター上のすべてのディスクを表示)
3:select disk *(削除したいディスク番号を*に入力する)
4:clean

まとめ

今回はディスクを消去しても問題無かったので、パーティション削除で解決しました。
実は今回ハードディスクからSSDへの移行でクローン作成時、ハードディスクにBADセクターがあり中途半端な状態でクローンを停止していました。
その為、パーティションがおかしくなっていたのだと思われます。

そもそもパーティションに問題があり認識できないという問題なので、もしかしたらSATAモードの不一致なども同じ現象が発生するのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
今回参照して頂いた記事以外、メニューや検索機能を使用して頂けると目的の情報に辿り着ける事もあります。
多少でも記事に価値があると感じましたら、コメントまたは以下の支援のご協力を頂けましたらありがたいです!

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*