仮想

[仮想]CNENTOS7に導入したOPENSTACKを既存LANに取り込んでみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今後も良く使いそうな内容なので、メモとして残しておきます。

NIC,ブリッジ設定

1-1:ブリッジ用のデバイスを作成します。
(***の部分は、環境に合わせて変更してください)

sudo vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br-ex
—————————————————–
DEVICE=br-ex
DEVICETYPE=ovs
TYPE=OVSBridge
BOOTPROTO=static
IPADDR=***.***.***.***
NETMASK=***.***.***.***
GATEWAY=***.***.***.***
DNS=***.***.***.***
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=no
—————————————————–
1-2:既存LANに接続されるNICの設定変更をします。

sudo vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno1
全て削除して以下へ書き換え。

DEVICE=eno1
TYPE=OVSPort
DEVICEYPE=ovs
OVS_BRIDGE=br-ex
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=no
BOOTPROTO=none

1-3:OPENSTACKの設定で必要な物理ネットワーク名を確認しておく。
sudo vi /etc/neutron/plugins/ml2/openvswitch_agent.ini
以下の行を記録しておいてください。
bridge_mappings =extnet:br-ex

設定後、再起動

OPENSTACKでのネットワーク設定

2-1:ネットワークの削除
初期導入時に登録されているネットワークを全て削除

2-2:ネットワークの作成
(1)プライベートネットワークの作成
メニュー[プロジェクト]-[ネットワーク]-[ネットワーク]からネットワーク作成をクリック。

(2)既存ネットワークの作成
メニュー[管理]-[システム]-[ネットワーク]からネットワークの作成をクリック。
ネットワーク種別をフラットにし外部ネットワークにチェックを入れます。
物理ネットワークは、1-3で確認したものを入力。(例ではextnet)

(3)サブネットの作成
作成されたネットワーク名をクリックし、サブネットタブからサブネットの作成をクリックします。
DHCPは既存LANの設定に合わせ、いくつか確保しておきます。

3:ルーターの作成
メニュー[プロジェクト]-[ネットワーク]-[ルーター]からルーター作成をクリック。
外部ネットワークは、1-2で作成した既存ネットワークを選択します。
作成されたルーターの名前をクリックし、インターフェースの追加を行います。
サブネットは、1-1で作成したプライベートネットワークを選択します。
これでpublicとprivateのネットワークは、今回のルーター作成で接続されます。
念のためにGUIで確認しましょう。
メニュー[プロジェクト]-[ネットワーク]-[ネットワークトポロジー]

既存ネットワークからプライベートネットワークへのゲートウェイアドレスを確認し、
既存ゲートウェイ(ルーターなど)の設定にプライベートネットワークへの
ルーティング情報を追加します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(ニュース関連については随時)
記事に価値があると感じましたら、以下の支援やランキングのご協力を頂けましたら管理者としてモチベーションが上がります!


人気ブログランキング

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*