ソフトウェア全般

[ソフトウェア全般]フリーソフトでyoutube用の動画(mp4)にテロップを入れる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画編集ソフトの準備

今回は、フリーのaviutlを使用してみます。

本体 aviutl aviutl100.zip
拡張機能 拡張編集Plugin exedit92.zip

[aviutl本体]及び[拡張編集Plugin]を入手します。
(ダウンロードサイトは、キーワード[aviutl]で検索してください)
両ファイル共にzipファイルですので、解凍します。
インストーラーはありませんので、解凍後適当な場所へ移動します。

拡張編集Pluginの解凍したファイル全てを、aviutl本体の入っているフォルダへコピーします。

プラグインの準備

標準ではmp4形式の読み込みや書き込みができないので、プラグインを導入します。

入力 L-SMASH Works L-SMASH_Works_r921_plugins.zip
出力 x264GuiEx x264guiEx_2.51v2.zip

ダウンロードサイトは、上記の名前で検索してください

●L-SMASH Worksの導入
aviutl本体の入っているフォルダに、Pluginsフォルダを作製。
L-SMASH Worksを解凍し、
lwcolor.auc
lwdumper.auf
lwinput.aui
lwmuxer.auf
Pluginsフォルダへコピー。

●x264GuiExの導入
x264GuiExを解凍し、auo_setup.exeを実行します。
aviutl本体のフォルダを指定し、実行します。
確認はしていないのですが、このインストーラーでL-SMASH Worksも導入されるみたいですね。

aviutlの設定

●再生ボタンの表示
[ファイル]-[環境設定]-[システムの設定]-[再生ウィンドウの動画再生を・・・]にチェックを入れる

●タイムラインの表示
[設定]-[拡張編集の設定]にチェックを入れる

テロップの挿入方法

いろんな方法があると思いますが、一例を紹介します。

1:対象の動画を読み込む
2:再生をし、テロップを挿入したいところで一時停止を押す
3:タイムラインのレイヤー1の部分で右クリック
4:メディアオブジェクトの追加→テキストをクリック
5:タイムラインのレイヤーに、テキストが追加されるので赤ラインの左端まで移動させる
6:テキストの設定ウィンドウで文字を入力し、デザインを設定する

MP3で出力

1:メニュー[ファイル]-[プラグイン出力]-[拡張x264出力(GUI)Ex]をクリック
2:[ビデオ圧縮]をクリック
3:メニュー[プロファイル]-[youtube]を選択し、OKをクリック
4:ファイル名を入力し、フォーマットはmp4を選択後、保存をクリック

まとめ

フリーソフトで簡単にテロップは挿入できちゃいます。
導入や設定は多少面倒ですが、最初の一回だけですからね。
今回はテロップ挿入のみの説明でしたが、また機会があれば別の機能も紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*