Windows

【Windows】Windows10からWindowsPEを作成する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

Windows障害時、WindowsPEの起動ディスクがあると非常に便利です。
何が便利かというと、簡易的なWindowsが起動できる事になり調査や修復作業ができます。
先日もWindowsが起動できないPCがあるという事で、そのディスクの中身の救出やPCの修復に使用しました。

WindowsPEは、緊急用のWIndowsとして起動でき、そこから修復、復旧、救出できるWindows環境を提供してくれるものと認識したらいいと思います。
尚、以下作業はWindows10の1903で作業を行っています。

作成手順

WindowsADK及びWindowsPEアドオンのダウンロードを行います。
それぞれインストールを行いますが、WindowsADKはいろいろと機能を選択できるのですが、[Deployment Tools]のみチェックを入れればWindowsPEは作成できます。

スタートメニューのWindows Kitsの中の[展開およびイメージングツール作成]を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

以下コマンドでWindowsPEのファイルを抽出します。
(作成先は任意に変更してください)
copype amd64 C:\WinPE_amd64

USBメモリまたはisoファイルへWindowsPEを作成します。
・isoの場合
MakeWinPEMedia /ISO C:\WinPE_amd64 C:\WinPE_amd64\winpe.iso
・USBメモリの場合
MakeWinPEMedia /UFD C:\WinPE_amd64 [USBメモリのドライブ]

まとめ

USBメモリなりDVDにWindowsPE環境を作成しておくと、不具合発生時は早急に調査と修復作業が開始できるので備えておくといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*