ソフトウェア全般

【Blender】はじめて触る時のポイントをメモしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

そろそろ3DCGのニーズが広がると思い、手始めにBlenderを触ってみる事にしました。
機能や覚える操作もたくさんあるのですが、とりあえず初心者用に必要最小限を私なりにピックアップしてみました。
メモ形式の内容になっているので、詳しい内容は別途単語なりで調べて頂ければと思います。

視点操作

・ビューの視点—マウスの中央を押しながらドラック

・4視点に切り替え—ctrl+alt+q(畫面表示に余裕ある場合はこちらがいいのかも)

オブジェクト操作

事前にオブジェクトモードにする

・円柱や立方体などを追加し、拡大、縮小、回転を行う

・各オブジェクトの移動
グローバルモード—共通の空間の移動 gx,gyなどを押下後、カーソルキーで移動
ローカルモード—オブジェクト中心の移動 gxx,gyyなどを押下後、カーソルキーで移動
ノーマルモード—面方向の移動 gxx,gyyなどを押下後、カーソルキーで移動

・オブジェクトの複製 shift+d

オブジェクト編集

事前に編集モードにする

・ループカット オブジェクトをセグメント分けしていく
辺を選択してcntl+R(分ける本数はマウスホイールで増減できる)

・セグメントの選択切替 cntl+tabで頂点、辺、面を選択

・セグメントの複数選択 ctl+右クリック

・選択後の操作 縮小 s、回転 r、押出 e

・ミラー 矩形選択 Bキーと頂点で半分にする
モディファイヤ-追加-ミラーでミラー方向を選択

その他

・選択解除と全選択の切り替え A
・マテリアル オブジェクト見え方(表面の色や質感)を設定
・テクスチャ マテリアルに画像を貼り付ける(マテリアルが前提だが、ワールド、ブラシも可能)
・細分化局面 メッシュを細分化して、滑らかな曲面にする

まとめ

ひとまず、これだけ覚えればなんとかイメージが掴めるはずなんだが・・・
今後は何か形になるものを作成していき、ポイントとなる部分を随時追加していこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*