Linux

[Linux]CentOS6のApacheを2.2から2.4へ変更する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Apache2.2のサポート終了

Apache2.2のサポートが2017年12月31日で終了するに伴い、2.4へアップデートする事にしました。
アップデートに関しては、作業も簡素化できるのでSCLを使用して行う事とします。

アップデート作業

・yumでsclを導入する

yum install centos-release-scl
yum-config-manager –enable rhel-server-rhscl-6-rpms

・httpd関連パッケージのインストール

yum install httpd24-httpd httpd24-httpd-devel httpd24-mod_ssl

・パッケージ及び環境変数の有効化

scl enable httpd24 bash
echo ‘source /opt/rh/httpd24/enable’ >> /etc/profile.d/httpd24.sh

・apacheのconf設定

cd /opt/rh/httpd24/root/etc/httpd/conf
cp -v httpd.conf{,.org}

(補足)
今までの2.2系のconf内容を基本的に2.4に移植するのですが、ディレクトリ関連が2.4系で有効にならない部分があります。

2.2系
Order allow,deny
Allow from all
2.4系
Require all granted

・2.2系の停止と自動起動オフ

service httpd stop
chkconfig httpd off

・2.4系の停止と自動起動オン

service httpd24-httpd start
chkconfig httpd24-httpd on
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(ニュース関連については随時)
記事に価値があると感じましたら、応援をお願いいたします!

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*