仮想

[仮想]CentOS7にサクッとOPENSTACKを導入したが、標準のVGサイズの関係で再導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ボリューム作製でエラー発生

先日OPENSTACK導入後、インスタンスを構築してみました。
するとインスタンス作成時にデバイスマッピングエラーが発生し、いろいろと調査するとボリューム作成で問題が発生していました。
前回のOPENSTACK導入方法ではopenstackのVGが20gbで自動作成されており、
それ以上のボリュームが作成できない為ににエラー発生しているようです。
VGの再構築でもよかったのですが、今後の為にCentOS7から再導入してみる事にしました。

CentOS7導入

・ソフトウェアの選択
前回と同じく、最小インストール
・パーティション:
/boot 1gb
swqp 16gb
/ 残

PCKSTACKでOPENSTACKを導入

1:シェル変数を設定
/etc/environmentを以下の中身で作成
LANG=en_US.utf-8
LC_ALL=en_US.utf-8

2:SElinuxを無効
/etc/sysconfig/selinuxの中のSELINUX部分を以下の内容に変更
SELINUX=permissive

3:NetWorkManager、ファイアウォールを無効
sudo systemctl disable firewalld
sudo systemctl stop firewalld
sudo systemctl disable NetworkManager
sudo systemctl stop NetworkManager

4:リポジトリ追加
sudo yum install -y https://rdoproject.org/repos/rdo-release.rpm

5:ocataインストール
sudo yum install -y centos-release-openstack-ocata

6:システム更新
sudo yum update -y

7:packstackインストール
sudo yum install -y openstack-packstack

8:openstackインストール(VGを1.2TBで作成)
packstack –allinone –cinder-volumes-size=1200G –timeout=3600

9:ユーティリティのインストール
sudo yum install -y openstack-utils

8の作業で、下記エラーが発生する場合があるようです。
Error: /Stage[main]/Nova::Db::Sync/Exec[nova-db-sync]: Failed to call refresh: Command exceeded timeout
この対策については、別途解決策を記述したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*