Linux

【MySQL】MySQLのバイナリログの設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

先日Linuxの特定パーティションの使用率が高いのでディスク使用量の調査を行いました
その後MySQLのディレクトリを詳しく調査すると約4年分のバイナリログが溜まっていたので、削除すると共にバイナリログの保存期間の設定をしました。

ログ保存期間の設定

保存期間の設定を確認すると無制限になっていました。
期間設定は、my.cnf内の[mysqld]セクションに追加します。
今回はテストサーバー内のMySQLの業務用途を考慮して、10日としました。

expire_logs_days = 10

MySQLの再起動で10日より古いバイナリログは自動的に削除されるので、古いバイナリログを削除する必要はありません。

まとめ

テストサーバーなどは特にMySQLサーバー等の設定は細かく行われていない事が多い為、このような事象の確率は高いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

記事は毎週月曜日午前中に発信!(私感/私考カテゴリについては随時)
多数の投稿記事は、メニューや検索機能で目的の記事に辿る事が可能です。
コメントや下記支援のご協力をお願い致します。

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*