ECサイト

【ECサイト】ECサイト構築時の決済サービスを比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

決済サービス選択の前に後々の連携の事を考慮し、ECサイトの構築手段をある程度決めておいた方がいいと思います。
今回はECCUBE及びWordpressを前提に構築を進める事とし、売上が小規模な為に固定費が発生しない決済サービスを取り上げます。
ECCUBEにおいてはバージョン(今回は3.0以降を想定)やプラグインにより決済サービスの選択肢が変わり、WordpressにおいてもECサイト構築プラグインに対しての決済サービス対応状況が選択の決め手でもあります。
ちなみにWordpressのプラグインは、WooCommerce及びWelcartの2種類で絞ってみます。
以上の事を前提に比較してみたいと思います。

決済サービスの比較

内で経過後自動消滅
サービス名 決済手数料 引出し手数料 定期決済 備考
e-SCOTTO
(ECCUBE)
3.5%   定期決済は固定費用発生
ECCUBE3.0/4.0系対応
PayPal 3.6%
+
40円
5万円未満250円 プラグインはECCUBE3.0系のみ
プラグインなしでも簡単に導入可能
クロネコヤマト 5%   ECCUBE3.0系
定期決済不可
e-SCOTT(Welcart) 3.28%   定期決済(WelcartPay)は固定費用発生
Stripe 3.6% 不明
omise 2.95% 260円 Visa以外は3.6%



短時間の調査の為、上記以外にダウンロード販売と定期販売ができるサイトがあるのかもしれません。

まとめ

定期決済が必須であれば、選択肢はPaypal,Stripe,omiseの3種類。
ECCUBEネイティブで定期決済の場合は、いずれも公式プラグインが無いのでソースコード埋め込みの対応となりそうです。
一度全てのアカウントを取得して、開発の組み込み安さとユーザビリティを比較してみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*