ECサイト

【ECサイト】ECサイト構築時の決済サービスを比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

決済サービス選択の前に後々の連携の事を考慮し、ECサイトの構築手段をある程度決めておいた方がいいと思います。
今回はECCUBE及びWordpressを前提に構築を進める事とし、売上が小規模な為に固定費が発生しない決済サービスを取り上げます。
ECCUBEにおいてはバージョン(今回は3.0以降を想定)やプラグインにより決済サービスの選択肢が変わり、WordpressにおいてもECサイト構築プラグインに対しての決済サービス対応状況が選択の決め手でもあります。
ちなみにWordpressのプラグインは、WooCommerce及びWelcartの2種類で絞ってみます。
以上の事を前提に比較してみたいと思います。

決済サービスの比較

内で経過後自動消滅
サービス名決済手数料引出し手数料定期決済備考
e-SCOTTO
(ECCUBE)
3.5% 定期決済は固定費用発生
ECCUBE3.0/4.0系対応
PayPal3.6%
+
40円
5万円未満250円プラグインはECCUBE3.0系のみ
プラグインなしでも簡単に導入可能
クロネコヤマト5% ECCUBE3.0系
定期決済不可
e-SCOTT(Welcart)3.28% 定期決済(WelcartPay)は固定費用発生
Stripe3.6%不明
omise2.95%260円Visa以外は3.6%



短時間の調査の為、上記以外にダウンロード販売と定期販売ができるサイトがあるのかもしれません。

まとめ

定期決済が必須であれば、選択肢はPaypal,Stripe,omiseの3種類。
ECCUBEネイティブで定期決済の場合は、いずれも公式プラグインが無いのでソースコード埋め込みの対応となりそうです。
一度全てのアカウントを取得して、開発の組み込み安さとユーザビリティを比較してみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログ記事について

ブログ記事は基本、毎週月曜日午前中に発信!(ニュース関連については随時)
記事に価値があると感じましたら、以下の支援やランキングのご協力を頂けましたら管理者としてモチベーションが上がります!


人気ブログランキング

公式ホームページについて

当ブログではITエンジニア関連のテクニカルな事、そして様々な商品のレビュー記事を公開しています。
一方ホームページでは、それ以外の少しビジネス寄り(企業や個人事業主向け)のサービスや情報を発信します。

該当される方、ご興味のある方はホームページの方もご参照ください。

コメントを残す

*